ビジネス

4K8Kって何?何かいいいことあるの?と疑問に思ったときに読んで欲しい話

ちょっと古い話ですが、4K8Kの本格放送が2018年12月1日からNHKと民放キー局のBSで開始されました。NHKとか見てたらやたらと宣伝してましたね。覚えてる方もいらっしゃるかと思います。しかしBSなので現時点でも見た人は少ないはず。

なんかよく分かんないけど、4K8Kってどんないいことがあるの?何がしたくてやってるの?と思った方は是非ご一読を。

筆者的に結論を言ってしまうと、供給者側の理屈で提供されていてあんまり普及しなそうな、ぶっちゃけオーバースペックなサービスだと思ってます。

そもそも4K8Kって何?

TV(ってかモニター)には解像度(画素数)がありまして、この数字が多いほど細かいところまでくっきり描かれて、要は綺麗に見えます。

今の地デジがハイビジョン放送(HD放送)で画素数は 1440×1080=156万画素。
たまに放送されているフルハイビジョンだと1920×1080=207万画素。

4Kは3840×2160=829万画素なのでフルハイビジョンの4倍。

8Kは7680×4320=3320万画素なのでなのでフルハイビジョンの16倍。

数値上は8Kだと現在見ているハイビジョンの16倍も精細度が上がるという話です。

単純に少なくとも今より16倍の大きさのデータを電波に乗せて送らなきゃいけないので高い技術が必要とされます。
その技術はNHK放送技術研究所(NHK技研)が中心となって研究開発を行っています。

送れるデータ量が大きくなることで精細度が上がる以外にも、
フレームレートが増えたり、画像だけではなく音響もより高精細(22.2ch)になったりもしますが、まあ映像と音がより細かく綺麗になるんだと理解すればOKです。

で、画面が大きくなればなるほど画像が引き延ばされるので、精細度が高くないと画像が粗くなってきます。大画面になると威力を発揮する、と思ってください。

じゃあ4K8Kってどのくらい綺麗なの?

人によって感じ方が違うのは間違いないのですが、筆者が55インチのテレビで4Kを見たときは、とフルハイビジョンとの違いも判別でき、綺麗だなと思いました。もっと大きな100インチとかで見るともっとはっきり違いが分かってきて、凄い綺麗!と感じました。

筆者はゲームをやったり映画を見たりするのが趣味です。なので少々画質にはこだわりがあるので(視聴するソフト毎に細かく設定を変えて見たりします)、55インチくらいのテレビを使って4K画質で視聴すればたしかに満足度は高まります。

でも100インチのテレビとか、家電量販店の店頭くらいでしか見る機会無いですよね?
ってか値段も高すぎだし大きすぎだし、よっぽど家の広いお金持ちしか持てないでしょうから100インチで見れば綺麗、とか言われても現実的じゃないです。

じゃあ現実的な大きさの40~60インチで比較しないと意味がない。40~60インチ(といっても結構幅がありますが。。)で比較したとき、4Kはフルハイビジョンより多少は綺麗だと感じました。少なくとも筆者は違いが分かった。

ただ、それに付加価値を感じるかどうかは微妙。今のフルハイビジョンでも十分綺麗ですし、圧倒的に4Kの方が良い!というほどでもない。

じゃあは8Kは?8Kで小さいサイズのテレビって市場には存在せず(少なくとも筆者の知る限りでは)たぶん60インチで最小。なので60インチで比較したのですが、正直4Kと違いが分からない。100インチくらいになってようやく、言われてみれば違うかもというレベル。

以上まとめると、4Kは画質にこだわる人や大きなテレビモニターを持っている人なら価値を感じる、8Kはテレビ画面で見ても違いが分からん、といったところです。

・・・あんまり意味無さそうだけど何故一生懸命開発してるの?

4K8Kにどれだけ付加価値を感じるかは人それぞれの価値観によると思いますが、ぶっちゃけ普通に日常生活を送る中では恩恵を感じないと思います。

話が長くなりましたがここからが本題。なんでそんなものを莫大なお金をかけて作ってるのか?

地上波のチャンネル数を増やせないからです。

送れるデータ量を増やせるようになるってことは、チャンネルを増やすことも技術的には可能なはずなんです。
水道管で例えると、流せる水の量を増やせれば、一つの蛇口から出る水の量を増やすか、もしくは一つの蛇口から出る水の量は変えずに蛇口自体の数を増やすか、
どちらかが可能になりますよね。

 ①蛇口の数は変えずに、蛇口から出る水の量を増やす
 ②蛇口から出る水の量を変えずに、蛇口の数を増やす

4K⇒8Kと画質向上を図る、つまり一つのチャンネルで使えるデータ量を増やしているのが①、
チャンネルを増やすのが②、ということです。

 ①蛇口の数は変えずに、蛇口から出る水の量を増やす(4K8Kのように高画質化を進める方向)
 ②蛇口から出る水の量を変えずに、蛇口の数を増やす(チャンネル数を増加させる方向)

現在の日本では上記の①を推し進めているということです。

ここまで読んでみて、皆さんどう思いますか?
繰り返しになりますが、8Kなんて巨大なモニターや音響設備がないと価値が発揮できないのでライブビューイング等の限定された用途で使われるか、一部のマニアが家庭利用するくらいでしょう。(決して悪いことではないのですが)

そんな喜ぶ人が限られるような用途より、チャンネル数を増やして事業者を増やし(何なら外資でも可!)、テレビ事業者間の競争を促して番組や放送事業の質を高める方向にもっていく方が喜ぶ人は多いんじゃないの、と筆者は思います。

でもね、そんなことしようとすると既存のテレビ局はめちゃめちゃ反対するのは間違いないし(テレビとか新聞でめちゃくちゃに叩くんでしょう)、高精細化の方針を進めてきたNHK技研の立場とか、研究者の皆さんの雇用とか、テレビの性能を上げて消費者に買い替えさせたいテレビメーカーとか、そのロードマップに従ってやってきたたくさんの人が困るんでしょうね。高精細化なら日本の技術力は高いので大義名分も作りやすいから予算も付きやすいでしょうし。
そういう枠組み、ってか業界ムラの中でやってる人ってどのくらいいるんだろう。想像もつかないですが、半端じゃない数のムラ人がいそうです。
そんな中で波風たてるより、これまで通りの方向で前に進めていこう、ってことなんでしょうね。たぶん。

こういうところからも今の日本の閉塞感をひしひしと感じます。

—————————————————————————————–

以上、これは2019年9月の話です。数年後の日本の放送はどうなっているのでしょうか。16Kガー、32Kガーとか言ってたらたぶんヤバイです。よーく見ておきましょうね。

ではでは。

こちらの記事もおすすめ!