ファッション

20年使い込んだフェリージの鞄の話

今日は筆者が愛用しているフェリージ(Felisi)の鞄(かばん)の話。

都内を歩いていると、ちょくちょく見かけるフェリージのバッグ。一番多く見かけるのはこれですね。ナイロン×レザーのブリーフケース。ってかこれが圧倒的に多い。ちょっとかっこつけたいビジネスマンの定番ブリーフケースかなと。

結構お値段お高めだけど、メンズのビジネス用バッグってトレンドがほぼ無いに等しいし、特にこういう有名ブランドだと、ずーっと同じものを定番で出し続けてることがほとんど

フェリージのブリーフケースだって、いつからやってんのか分からないくらい、ずっと変わってないし。

なので長期間使うことを前提に、いい物を買っておくってのはアリなんじゃないかなぁと思います。

親子2代で使い続けているフェリージのレザーブリーフケース

で、筆者が使ってるのがこれ。ナイロン素材無しのレザーバッグ。これのライトブラウン。

元々筆者の親父が使っていたものを、親父が定年退職して使わなくなったので「もったいないからくれ」と言って譲ってもらったもの。

なので親子2代で20年以上使ってます

元の色がライトブラウンで、オレンジがかった明るいブラウンなんですけど、20年経って、見ての通り濃いブラウンに変化してます。

底光りするような、鈍いツヤが出ていて、かな~~り渋くてかっこいい感じに育ってます。

バッグ自体の機能としては、そんなに容量が多いわけでもなく、特に使いやすいわけでもない。まあ普通って感じの機能性。

重いし、ぶっちゃけポーターとかの国産ブランドのブリーフケースの方が使いやすくて良いんじゃないかと思うけど、ここまで育ったレザーってのもなかなか珍しいし、かっこいいので、なんやかんやで使ってます。

ちなみに20年間一回も修理はしてません。大変頑丈にできてますね。

レザーの手入れは必要無い?

そしてレザーの手入れは、年に数回ラナパーを少量塗ってるだけ。ほんとにそれだけ。レザークリーナーとか、手の込んだ手入れなんかは一切してません。

このフェリージのバッグに使われているのが経年変化が出やすいバケッタレザーだから、というもの理由なのかもしれませんが、ごくごくたまにラナパーをちょびっと塗るだけで、20年でこれだけいい感じに育つわけです。

パンツ:NEAT テントクロス ベルトレス
ブーツ:マルジェラのタビブーツ
バッグ:フェリージ

レザークリーナーで汚れを落とす、とか手の込んだ手入れは一切やってないし、必要無し。個人的にはラナパーすら必要無い気がしなくもない。。

たまに革の手入れのマニアの人が「ラナパーは革に悪い」とか仰ってますけど、どうなんでしょうね。

少なくともラナパーを少し塗るだけの簡単な手入れで20年過ごしても、ここまでいい感じに経年変化するよ、ってことは証明できてますからね。

そもそも「革に悪い」の明確な定義を聞いたことがなく、なんとなくの印象で言ってることがほとんどなのかな?よく分からん。

つくづく思うんですけど、ベジタブルタンニンなめしの革とか、バケッタレザーとか、そこそこ良い(とされている)革であれば、過剰な手入れは必要無いと思うんですよね。

たまにブラッシングして、汚れたら軽く水拭きして、カビが生えない程度に通気性のある場所に保管して、定期的に使う、これだけで良いんじゃないの?

せいぜい、かさかさに乾いてしまうのを防ぐためにラナパーとかミンクオイルを年に数回縫ってあげるだけで、実際のところ十分なんですよね。そしてそういう市販のものでなくても、手の脂とか、顔の脂をこすりつけるだけでも全然代用可能ですし。

革の手入れは20年間ラナパーだけで十分だったよ、という話

良く見かける “凝った革の手入れ” みたいなことをしなくても、20年間いい感じに使い続けられて、かっこよく経年変化もしますよ、という話でした。

実際に20年使い込んで育てた実績があるんで、そこそこ説得力はある話だと思うんですよねぇ。

以上、今日はここまで、ではでは~。

こちらの記事もおすすめ!