働き方を考える

コロナの給付金を申請しながら思い出した 遊牧民族と住所の話

新型コロナウイルスの影響を受けた家計への支援策として、1人一律10万円の給付が決まり、5月1日からオンライン申請も始まりました。

筆者も早速、オンライン申請をやってみました。

お役所システムの割にはそこそこ使いやすくできていて、特にストレスなく申請できましたね。

オンライン申請だと、口座番号とかもウェブ画面の写真を送ればOKなので、スマホ1台で全て完結します。

オンライン申請はマイナンバーカードが必須なので、やっぱりマイナンバーカードはあると便利ですね。

ちなみに給付を受けられる人は下記と定められています。

  • 給付対象者:基準日(令和2年4月27日)時点で、住民基本台帳に記録されている者
  • 受給権者:給付対象者の属する世帯の世帯主

マイナンバーカードの交付のときにも似たような指摘がされていましたが、

DV被害で避難している人とか、

虐待被害を受けて避難している人とか、

事情があって実際に住んでいる場所と住民票が一致しない人が受け取るのは難しい。そういう場合は、被害者の代わりに民間団体が代理で給付の申請することもできるそうです。

しかし、それ以外にも “戸籍はあるが住民登録がない人” が数十万人規模で存在するそうで、そういう人達を捕捉して給付が受けられるようにするのは難しいんだろうな、というのは想像に難くない。

そういった個別の事情への対応は人力でやるしかないでしょうから、自治体職員の皆さんは本当に大変だと思います。くれぐれもお体に気をつけて頑張っていただきたいです。

こういうときに改めて思うのは、日本の様々な制度は “住所があることを前提として作られている” んだなぁ、ということ。

日本は “住所があって当たり前”、つまり “定住生活をしているのが当たり前” という価値観の民族なんですよね。

そんなの当たり前やん、って思いますが、一方で世界には “定住してないことが当たり前” という民族もいます。

いわゆる “遊牧民族” の方々です。

“住所という概念が無い” 遊牧民族

“住所があって当たり前” で、”住所が無い人は特別な事情がある人” という国に住んでいると普段は想像つかないんですが、

移動型の牧畜を生業にしている人々、いわゆる “遊牧民族” は定住生活をしていないので、“住所という概念” が無い

なので郵便物を届けるのも難しいそうな。

今どこにいるか分からないんだから、そりゃあ無理だよね。(モンゴルとかだと私書箱を活用してるそう。)

訪ねていくことすら難しそう。

遊牧民族の社会では “氏族” が住所のような役割をもっているそうな

住所が無いと不便じゃないの?と思うじゃないですか。

しかし、代わりになる仕組みというか、遊牧民族ならではの文化があるということを、以前読んだ「

  • こちらの記事もおすすめ!