ファッション

19年秋冬 おすすめコートのまとめ パート2

先日久しぶりにアパレルショップをパトロールしてきたので、今日はそのレポート。

12月に入ると各ブランドも会員向けセールが始まったり、来期の春夏アイテムの先行予約やサンプル展示が始まったり、もう季節の変わり目の様相を呈してきます。やっと秋になったかな?と思ってたら急に冬になって、もう春夏シーズンの話ですからね。あっという間に時が過ぎますね。

もう時期的に遅いような気もするんですが、やっぱりロングコートが好きな筆者としては春コートも含めて着丈の長いアイテムばっかりが目に入る。。

ということで先日もおすすめコートについての記事を書きましたが、遅まきながらいくつか追加でおすすめ品を紹介したいと思います。

MARKAWAREのアルパカ マックコート

先日、MARKAWAREのアルパカ製品についての記事を書きましたが、やっぱりここのアルパカのコートは良いですね。

どの型も良いのですが、特に人気の型であるマックコートが筆者は好きですね。

 外部リンク<MARKAWARE MAC COAT>

非常にミニマルなデザインなんですが、素材の良さがダイレクトに伝わるところが非常に良い。ウールフランネルの定番生地も良いのですが、アルパカ生地のものは「毛皮のコートか?」っていうくらい毛足が長くてふわふわ(手入れには櫛を使っても良さそうなくらい)でゴージャス感が半端ない、だけど嫌味にならない程度の絶妙な豪華さが最高に良いのです。そしてそんなに分厚くなくて非常に軽いんですが、アルパカの特性でめっちゃ暖かい。

袖が長め
折って着ることを想定しているようです

これ着て満員電車は乗りたくないですね。もしゃもしゃにされそう。

シーズンを重ねる毎に見るからに生地の質が上がってますね。産地の努力もあって原料の質は上がっていて、かつデザイナーの石川俊介氏が年に数回ペルーの産地へ足を運んでいるので、産地から信頼を得ていて良い原料を確保できているそう。更に加工工場のスキルも上がっているとのこと。そのうちハイブランドが目をつけられて、原料価格が高騰するかもしれませんね。なので今のうちに買っておきたいなーと思うのですが、如何せん高い。。

何故か今期はこの型でのリリースが無いようで、直営店でも通販サイトでも、おいてあるのは昨シーズンの売れ残りのようです。だけどセールにはかかってない。。まあ安売りするものでもないのですが、筆者的に最近の憧れの逸品になってます。

ATTACHMENT 2020SS バルカラーコート

次に良かったのがこちらのATTACHMENTのバルカラーコート。20年春夏のコートなんですが、サンプル展示で着させてもらいました。19年秋冬でも同じ型のバルカラーコートがあるんですが、その生地違い品です。

 外部リンク<ATTACHMENT ハイカウントラバークロス バルカラーコート>

どうでもいいですけど、ステンカラーのことを急にバルカラーって言うようになりましたよね。同じものでも呼び名を変えて新鮮さを出してるんでしょうけど、この分かりづらさがアパレルあるあるですね。

このハイカウントラバークロスという生地ですが、こちらのブランドで良く使われている人気の定番生地。筆者も数シーズン前のこの生地のコートを持っているんですが、硬めで張りがある服好きが好きそうな生地感です。一応撥水性があるってことになってますが、実際はあんまり撥水せず、結構濡れます。

圧着加工が多用されていて最小限の縫製しかされておらず、縫い目がほぼ見えないミニマル仕様。なので普通のバルカラーコートなんですがモードな雰囲気を醸し出しています。まあ単純にめっちゃかっこいいです。サイズはジャストよりワンサイズ上げて着るのがおすすめ。

で、このコートがいいなと思った理由なんですが、昨今の気候だとアウターはミドルアウターを使うのが合理的なんじゃないかと思ったから。もう12月なのに全然寒くなくないですか?北国や山間部の方達には申し訳ないんですが、12月に入っても東京都内だと10℃を下回ることってあんまりなく、今年は稀に見る暖冬なようです。なのでダウンはおろか、ウールのコートでさえ必要無いんじゃないかと思えるくらい。都内だと室内にいることも多いので猶更重くてかさばるコートって不便なんですよね。

もちろん人によって体感温度は違うので「寒いよ!」って方もいると思います。

筆者は今期買ったCOMOLIのコットンギャバのタイロッケンコートにウールの薄いライナーを付けただけの状態で何の問題もなく過ごせています。ストールでも巻けばこのままで1月、2月も過ごせるんじゃないかと思います。

なのでヘビーアウターよりも身幅大きめのミドルアウターにして、ヒートテック等の機能性下着を使って重ね着するのが合理的なんじゃないかと思うんですね。多少薄めでもオーバーサイズのコートなら寒そうにも見えず、見た目にも全然違和感無いですし。

欲しいけどコートばっかり買ってるといい加減怒られそう。。

まとめ

分量少な目ですが、おすすめコートのご紹介でした。もうすぐ本格的にセールも始まりますし、また何か良さそうなものを見つけたら紹介したいなと思います。

ではでは。

こちらの記事もおすすめ!