ファッション

ジャーマントレーナーを買った話

今日はジャーマントレーナーを買ったときの話です。

以前は白スニーカーはずっとスタンスミスを履いていたのですが、ある日突然「もうちょっと細身の白スニーカーがいいなぁ。。」と思ってしまい、スタンスミスを履きたくなくなりました。。細身でシンプルなスニーカーの代名詞みたいに言われるスタンスミスですが、言われてるほど細身じゃないんですよね。。つま先部分とかそこそこボリュームがあります。

そもそも筆者は何となく白スニーカーが苦手。まあ無理して履くものでもないんですけど、コーディネート的に使えるので一足くらいは持っておきたいものではあります。

さてどうしようかとずっと考えていたのですが、レザーでレースアップで細身の白スニーカー(スタンスミスより細身)って選択肢が豊富なようで意外とそうでもなくてずっともやもやと探していたんです。しかしなかなか思いつかず、出会うこともできず、ここはやっぱり原点回帰ということでジャーマントレーナーか!?そういえば履いたことないぞ!これを機会に検討しよう!ということでいくつか検討してみました。

ジャーマントレーナーとは

ジャーマントレーナーとは元々1970~1980年代に西ドイツ軍が訓練用に使用していたトレーニングシューズのことで、軍用品です。製造していたのはadidasとPUMAであると言われています。

高い機能性とそれが故の高いリアリティを持った軍用品が出自のファッションアイテムは数多くありますが、ジャーマントレーナーも多くのブランドから展開されている定番アイテムです。

その先駆けとなったのがMaison Margiela。Margielaにサンプリングされて以降、ファッションアイテムとして定着していったように思えます。

色々なジャーマントレーナーを試着してみた

ということで、まずはジャーマントレーナーと言えばここ!ということでMaison Margielaの「Replica」。

www.maisonmargiela.com

店頭で試着。後述するREPRODUCTION OF FOUND(リプロダクション オブ ファウンド)と比べると少々ボリュームがある感じ。というかREPRODUCTION OF FOUNDが細めなのか?マルジェラのアイテムの中でも定番品だけあり、非常に洗練されていてかっこいい。何にでも合わせやすい良品であることは間違いないのですが、いかんせん高い。。

もっと懐に優しいものがいい、、ということで次は以前から気になっていたREPRODUCTION OF FOUND(リプロダクション オブ ファウンド)のものを試着。

item.rakuten.co.jp

REPRODUCTION OF FOUND(リプロダクション オブ ファウンド)は2016年にスタートしたブランドで、世界中の様々な軍用トレーニングシューズの復刻品を展開している珍しいブランド。中でもジャーマントレーナーは看板商品。実際に履いてみると、、、マルジェラのものと比べて非常に細身でスタイリッシュ。人によってはそのスタイリッシュさがちょっと嫌味に感じるかな?スニーカーのくせにスタイリッシュ過ぎてカジュアルさが足りないというか。何を求めるかによりますが、ここまでスタイリッシュなスニーカーも珍しい。ドレッシーさお高めなのでボトムスを選ばず使えますし、特に甲が非常に低いのでクッションをつけてはく形のワイドパンツに合いそうです。お値段は約2万円。高級スニーカーの部類ですが、まあまあ納得感のあるお値段。しかし高級スニーカーの価格帯なので、ちょっと考えてしまう。。

試着できていないのですが、United Arrows green label relaxing のものも良さそうです。

store.united-arrows.co.jp

次に試着したのは、高円寺にあるミリタリー古着のお店「Militaria」のもの。ヴィンテージ市場が活況ということもあり、一度行ってみたかったんですよね、こちらのお店。

ミリタリー古着のジャーマントレーナーということで、要はオリジナル品ですね。実際に1970~80年代に西ドイツ軍で使われていたもの。原点というところが男心をくすぐります。

気になるお値段は約1万円。相場観が分からず有名なアイテムのオリジナル品なので値が張るのかと勝手に想像していたのですがなんとまあ、お手頃価格じゃありませんか(^^)。

古着のジャーマントレーナーを購入

しかしサイズが無いという古着でありがちな展開になるかも、、と心配していたのですが、「Militaria」はサイズも揃っていて 40(26cmくらい)~44(28cmくらい)まである様子。さすがは人気店。素晴らしい。そしてマイサイズ(27.5cm)を試着。海外産のものなので幅広の筆者の足には合わないかな、、と思ってあまり期待せずに履いたのですが、、ちょっと感動するくらい柔らかくて足になじむ。えっ!?なにこれっていうくらい窮屈さが全く無く、ストレスも一切無く履きやすい。上記で試着したマルジェラやREPRODUCTION OF FOUNDのものも良かったのですが、これは別次元の足なじみの良さ。古着なので最初から革が柔らかくなっているから、当たり前と言えば当たり前なんでしょうけど、近年感じたことのない感動を覚えて、購入を即決。

f:id:Charlie_m:20190910235801j:plain
f:id:Charlie_m:20190910235845j:plain
f:id:Charlie_m:20190910235916j:plain

肝心の見た目ですが、REPRODUCTION OF FOUNDのものほどのシャープさではないものの、甲の低さとボリューム感は同じくらいの細身。

持って帰って改めて履いてみると、履き口が若干緩めなことに気づきました。そういう作りなんでしょうね。なのでちゃんと紐で締めないと脱げやすいのですが、逆に言えば脱ぎ履きしやすいとも言えます。

もう一点気づいたのが、土踏まず部分の作りの良さ。キュッと細身に作られている上に、立体感のあるインソールが使われていて土踏まずを下から支えてきちんとホールドしてくれる作りになっています。これ、地味だけど筆者の靴選びの基準で重要なポイントです。土踏まず部分のホールド感がしっかりしているだけで履き心地が全然違いますし、こういった作りになっているものって革靴でも(あくまでの筆者の体感ですが)高級品に限られます。

 ・西ドイツ軍で実際に使われていたオリジナル品である

 ・土踏まず部分を下から支えてくれる作りである

 ・柔らかくて最初から馴染んでいるような履き心地の良さ

 ・細身でシャープな見た目でファッション的にもかなり使いやすい

 ・お値段が1万円とお手頃

こんだけメリットが揃っていれば筆者としては買わない理由は無いですね。はまってジャーマントレーナーばっかり履き続け、買い続けてしまうという方の気持ちが分かりました。

ただし古着でしかも靴の古着なので、抵抗を感じる方が多いであろうとも思います。

その点が気にならない方であれば、という前提にはなってしまいますが、とってもおススメです。

ではでは。

こちらの記事もおすすめ!