ビジネス

アニメビジネスの概況の話 前編

今日はアニメビジネスの話。

2016年に、アニメビジネスをやっている大手企業の役員の方のお話を聴く機会がありまして、その内容は主にアニメビジネスの現状についての説明だったのですが、そのときのメモを発見したので、筆者の備忘録も兼ねてつらつらと書こうと思います。

筆者はアニメが好きで、Netflixで何か見るときは7割方アニメを見ているのですが、同じようにアニメ好きでビジネス視点の話や社会情勢の観点でも興味がある方には面白い話かも。

テレビアニメの制作本数

放送時間のスポンサー料が高いキッズファミリー向けの制作本数は横ばい。一方で深夜時間帯のアニメが増加傾向。スポンサー料も低いので低リスクでビジネス展開できるのが事業上有利。かつターゲット層が絞りやすいのでマーケティングしやすいのもやりやすい理由の一つ。

 市場規模はどのくらい?

日本での市場規模は、ちょっと古新聞だけども2014年度(会計年度)で約1.6兆円。

内訳は、約6,500億円が商品化(要はグッズ販売のこと。ガンダムだとプラモデルとか。)、約3,000億円が遊興(パチンコ、パチスロがメイン)、約3,000億円が海外展開、残りの約3,500億円がTV、配信、映画、DVD等の映像自体の収入とライブコンテンツ収入。この3,500億円からTVを除くと約1,800億円。1,800億円のうち配信市場が約400億円で、ライブコンテンツが約300億円。

映画の市場はジブリ作品の有無で大きく変動する。ジブリ作品がある年は倍くらいに伸びる。数字だけを見るとDVD(パッケージビデオ)の市場がアニメ市場のほんの一部に過ぎないということが良くわかる。5%にも満たないくらいのイメージだもんね。大雑把にいうと、タダで見てもらってグッズやパチンコなどの映像以外の二次利用で投資を回収する、という構図になっている。

個人的な実感としても理解できる話で、だって自分もアニメ好きだけどもパッケージを買うことって滅多にない。(最後に買ったのはガンダム The Origin。)

制作委員会方式とは

スポンサーがCM枠を購入する形で広告代理店を通してTV局に資金が流れるところまでは普通のTV番組と同じだが、制作委員会方式をとっているのが近年のアニメの特徴。

この制作委員会に出版社や広告会社、玩具メーカー等が出資者として参画してそれぞれおお金を出しあって、通常のスポンサー料と制作委員会に直接出資された資金を元にアニメ制作会社がアニメを作り、グッズ制作などの二次利用の原資になる。

権利や儲けの配分なんかはこの制作委員会が仕切る形になる。

作品がヒットすれば大儲けできるが、はずれることも多いリスク高めのビジネスなので制作委員会方式をとって複数社で出資してリスクを抑えるのが主流。

昨今の参入企業の増加

アニメビジネスは当たればでかいし、二次利用も含めると事業性が高いということで近年は新規参入が増えており、競争が激化している。

それに伴って作品の制作数が増加。しかし類似性が高く(似たような作品が多いということ。異世界転生ものとか1シーズンに複数あったりしますもんね。)、一部の作品以外は採算が合わない状態。二次利用をしようにも、まずアニメ作品が無いと成り立たないのでとりあえず作っとけみたいな粗製乱造のような作品も多くなっている。

そしてそんな状況なので原作が枯渇してきている。

日本の大手事業者

日本の中で強いとされている事業者はバンダイナムコ。コンテンツ制作、商品化、配信サービス等々ほぼ全ての事業領域を持っていることが強み。サンライズを買収したことで原作も持つようになった。何か案件があればバンダイナムコに持っていけば何とかなるということなので、ほとんどの仕事がバンダイナムコに流れるような仕組みになっている。ガンプラ等、ガンダム関連のグッズを見れば自明だけども、特に商品化はめっちゃ強い。なんでもできるアニメビジネスの総合企業。

——————————————————–

商品化展開による売上が4割を占めているという話が素直に驚き。

確かに言われてみれば、深夜アニメを見ててもCMはそのアニメのスマホゲームだったり、タイアップ曲の宣伝だったり、関連商品のプロモーションばっかりですもんね。

しかしDVDで儲けることは最早成り立たないにも関わらず、大概のDVDは放映版から大幅に修正された映像が収録され、別物と言っていいくらいにクオリティを上げて売ってますよね。DVDまで買う人は他のグッズをいっぱい買ってくれる可能性が非常に高い、Royaltyの高い優良顧客だから、その顧客の期待に応えるのは大事なことなんでしょうね。

私が中高生の頃なんて、アニメ好きって言うとネクラだオタクだ気持ち悪いやつだと周囲からレッテル貼られてたものです。最近は女性のファンも増えて、アニメ見てるって言っても別におかしなことではなくなり、市民権を得て1.6兆円の市場規模を持つまでになったというのは隔世の感がありますね。

後半に続きます。

こちらの記事もおすすめ!